五日町小学校で日本将棋連盟の棋士による訪問授業が行われました

掲載日:平成28年10月13日更新

プロ棋士に学ぶ貴重な時間

佐藤秀司七段による授業の様子

詰将棋の答え合わせをしている様子

佐藤秀司七段と6年生全員による七面指しの対局

真剣に対局する子どもたちの様子

真剣に対局する子どもたちの様子2

真剣に対局する子どもたちの様子3

10月13日(木曜日)、五日町小学校6年生を対象に、公益社団法人 日本将棋連盟 常務理事 佐藤秀司七段による訪問授業が行われました。

10月初旬、総合的な学習の時間で将棋の授業が決まり、6年生14人の中で将棋のルールを知っていた2人を中心に学習を重ね、約2週間で全員がルールを覚えました。

佐藤秀司七段は、将棋の歴史や特徴などを説明した後に、詰将棋の問題を配布し、児童たちは真剣にその問題に取り組みました。答えがわかると、佐藤秀司七段のもとへ駆け寄って正解を確認しました。

また、児童たちは2人1組で7チームに分かれ、佐藤秀司七段と七面指しと呼ばれる対局を行いました。それぞれのチームで話し合いながら、夢中になって佐藤秀司七段との対局を楽しみました。

授業後に、児童たちは佐藤秀司七段と一緒に給食を食べながら、本日の授業内容や対局を振り返りました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら