第50回JBCF 東日本ロードクラシック南魚沼大会が開催されました

掲載日:平成28年10月17日更新

三国川ダムを走り抜ける迫力のスピード

ロードレーススタートの様子

ロードレースの様子1

ロードレースの様子2

屋台村の様子

10月15(土曜日)と16日(日曜日)、第2 回JBCF 南魚沼ロード・タイムトライアルと第50回JBCF 東日本ロードクラシック南魚沼大会が、三国川ダムの周回道路をコースに開催されました。

1周12キロメートル、標高差140メートルの急な上りがあるコースは、選手の技術と体力が試されるコースです。

秋晴れとなった16日(日曜日)には、26キロメートル~122キロメートルの各クラスに分かれ、総勢503人の選手が過酷なレースに挑みました。

選手たちは集団を形成しながら猛スピードで急カーブに入るなど、迫力満点のレースで観客を沸かせました。

レースを終えた選手たちは、観客とともに屋台村で南魚沼産コシヒカリの新米や特産品など、秋の味覚を楽しんでいました。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら