鳥インフルエンザについて

掲載日:平成23年12月5日更新

野鳥との接し方

  • 死亡した野鳥を見つけても素手では触らないでください。
  • 排泄物等に触れてしまったら、念のため手洗い・うがいをしてください。
  • フンなどが付着しないよう野鳥に近づきすぎないでください。付着した場合は、殺菌効果のある石けんなどで洗い落してください。

感染リスクの高い種

感染リスクの高い種として、次に掲げる野鳥が死亡していた場合は、検査の対象となりますので、地域振興局環境センターか市役所に通報をお願いします。

リスク種1

シジュウカラガン、マガン、ヒシクイ、コブハクチョウ、オオハクチョウ、コハクチョウ、オシドリ、キンクロハジロ、オジロワシ、オオワシ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、サシバ、クマタカ、チュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ

 リスク種2

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、スズガモ、タンチョウ、ナベヅル、マナヅル、バン、オオバン、ユリカモメ、ワシミミズク、コノハズク、フクロウ

各野鳥の写真は下記ファイルの11ページ以降をご覧ください。

野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル簡易版(PDF:1.8MB)

問い合わせ先

  • 南魚沼地域振興局環境センター 電話番号 025-772-8154
  • 市役所環境交通課 電話番号 025-773-6666
問合せ
市民生活部 環境交通課 環境交通係(環境担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6666
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。