南魚沼市バイオマスタウン構想

掲載日:平成23年2月20日更新

バイオマスって何だろう?

バイオマスとは

生物資源(バイオbio)の量(マスmass)を表す概念で、動植物から生まれた再生可能な有機性資源を「バイオマス」と呼んでいます。

バイオマスの種類は

廃棄物系のもの、未利用のもの、資源作物系(食用ではなく、工業原料やエネルギー原料として栽培される植物)のものがあります。

なぜ、バイオマスを使うの?

石油や石炭などの化石資源は、燃やす時に空気中に二酸化炭素を発生させ増やしてきました。バイオマス燃料を使うことで発生した二酸化炭素は、バイオマスの元である植物が育つときに吸収してくれるので、空気中の二酸化炭素は増えません。

バイオマスタウンのメリット

  1. バイオマスを利用した新たな産業・新たな雇用を創出します。
  2. エネルギーや素材の供給などの新たな役割が生まれ、農山村地域が活性化します。
  3. 植物が育つときに吸収された二酸化炭素からできた資源なので、空気中の二酸化炭素の増加を抑制し、地球温暖化を防止します。
  4. 資源を使い捨てからリサイクルする、循環型社会への移行を促進します。
  5. 計画的な施設整備を進めるにあたり、国の支援を受けることができます。

南魚沼市のバイオマスタウン将来図

南魚沼市のバイオマスタウン将来図

南魚沼市のバイオマスタウン構想

南魚沼市バイオマスタウン構想パンフレット(PDF:4.6MB)

南魚沼市バイオマスタウン構想(PDF:1.5MB)

関連ページ

バイオマス情報ヘッドクォータ(全国のバイオマスタウン構想)

問合せ
市民生活部 環境交通課 環境交通係(環境担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6666
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。