高齢者肺炎球菌予防接種の定期接種を受けましょう

掲載日:令和3年4月1日更新

肺炎は、日本人の死因の第5位であり、死亡者の95パーセント以上が65歳以上です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎にかかりにくく、かかっても重症化しにくくなります。

定期接種対象者

接種できる人は以下の通りです。

  • 定期接種(国が定めた対象者):令和3年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人で、今まで接種していない人

注意

  • 60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器または免疫機能に一定の障がいがある人も対象となります。
  • 過去に1回でも高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は対象外となります。(全額自費で接種した場合も含みます)

詳細は、下記の生年月日一覧表をご覧ください。

接種期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

接種回数

1回

接種費用

自己負担 4,700円

接種方法

  1. 医療機関へ電話などで予約してください。
  2. 接種当日に持参するもの
    ・市から発送された予診票(桃色)
    ・保険証
    ・接種費用

注意 県外の医療機関で接種する場合は、保健課にご相談ください。

資料

令和3年度高齢者肺炎球菌予防接種委託医療機関一覧表(PDF:137.7KB)

高齢者肺炎球菌対象者生年月日一覧(PDF:42.8KB)

肺炎球菌Q&A(厚生労働省ホームページ)

問合せ
福祉保健部 保健課 保健業務班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6811
ファックス:025-773-6839

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。