妊産婦医療費助成

掲載日:令和2年1月28日更新

市内に住所を有する妊産婦にかかる医療費のうち、保険診療による自己負担額全額を助成します。

助成の対象

対象期間

受給者証交付申請の翌月の初日から出産月の翌月の末日までが対象期間です。

助成対象

すべての受診科の保険診療分の医療費です。調剤薬局の薬の費用や歯科も含みます。受給者が医療機関などに支払った医療費から高額療養費や附加給付など各種給付額を控除した額を助成します。
妊産婦健診や差額ベッド代など、保険適用でない医療費は助成対象外です。ただし妊産婦健診時に治療が必要となり、保険適用の医療や投薬を受けた場合は対象となります。

受給者証の交付申請

受給者証の交付を受けるには市役所各庁舎の窓口で申請が必要です。通常、妊娠届と同時に手続きを行います。

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 母子手帳(転入の妊婦の場合)

助成の方法

医療機関などで支払った費用は、市役所各庁舎の窓口で領収書を添えて助成申請をすることで還付されます。
注意 診療を受けた月の末日から6か月以内に申請してください。複数月分まとめて申請してもかまいません。

申請に必要なもの

  • 医療機関などが発行した領収書で受診者氏名、診療点数、一部負担額の記載があるもの
  • 印鑑
  • 受給者本人名義の振込口座情報がわかるもの
  • 健康保険証
  • 妊産婦医療費受給者証
  • 妊産婦医療費助成申請書(妊娠届の際にお渡ししています。お持ちでない場合は窓口にもあります。)

入院などで医療費が高額になり、高額療養費にかかる際は、限度額認定証または標準報酬月額がわかるもののご提示が必要になる場合があります。

出産時の入院費用の助成申請には、「産科医療保障制度」の印が押してある領収書・明細書を全てお持ちください。

受給者証交付申請と助成申請の窓口

  • (本庁舎・総合窓口)子育て支援課
  • (大和庁舎)大和市民センター 大和市民班
  • (塩沢庁舎)塩沢市民センター 塩沢市民班

その他

  • 助成金は申請の翌月に口座振り込みにて支払います。申請後、振り込みが済むまでは口座解約・名義変更などはしないでください。
  • 流死産された場合は、流死産の翌月末日までが助成対象期間です。
問合せ
福祉保健部 子育て支援課 こども家庭支援班

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6822
ファックス:025-773-6724

お問合せ