市長・副市長メッセージ【新型コロナワクチン接種準備室を開設しました】

掲載日:令和3年2月17日更新

市長・副市長メッセージ

南魚沼市民の皆さま、市長の林茂男です。

新型コロナウイルス感染症が一昨年、世界的には12月に発生して、1年以上が経過しました。未だ感染症の収束が見えない状況であり、市民の皆さまにおかれましては長い期間を本当に不安な気持ちで過ごされていることと思います。

期待されている今回のワクチン接種につきましては、昨年12月9日に公布された改正予防接種法により、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が臨時接種に位置付けられました。

これを受けて南魚沼市では、新型コロナウイルスのワクチン接種体制について検討を開始しました。1月26日には市内医療機関、医師会、歯科医師会、薬剤師会の皆さまと体制整備に向けた検討会を実施し、情報の共有や円滑な実施に向けての意見交換やご協力をお願いしております。

アメリカやイギリスなどでは、新型コロナワクチンの接種が開始され、収束に向けた取り組みが既に始まっています。日本では、2月中旬にもワクチンが承認される見通しです。(2月14日承認)

国が示すスケジュールでは、多くの市民を対象に短期間で接種する必要があり、当市においても、早急に接種体制を整える必要があることから、2月1日に「新型コロナワクチン接種準備室」を設置して準備を進めております。

新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、迅速にワクチン接種を進め、市民の皆さまの生命や健康、生活を守り、社会経済活動の早期の回復を図りたいと考えております。

昨年12月に新たに2人の副市長の選任を行い、医療・福祉・厚生を担う副市長として新たに外山千也氏を選任しました。

この外山副市長に、今回の接種、計画、作戦遂行にあたっていただきます。今日は副市長から新型コロナウイルスワクチン接種に関してさまざまな情報提供等について皆さまにお知らせいたします。

 

新型コロナワクチン接種プロジェクトの統括で、内科医師でもあります副市長の外山です。

私からは、まず市民の皆さまが一番にご心配されるワクチンの安全性とその有効性について、次に接種スケジュール、会場、予約方法など個別的な事項についてご説明します。

新型コロナウイルス感染症により、我が国だけでこれまでに4,000人以上の方が亡くなっています。このたび用いる予定の米国ファイザー社製のワクチンは、その有効性が95パーセントと言われ、市民の発症、重症化と死亡を防ぐことが期待できます。

また、市民の皆さまが不安に感じておられる副反応は、インフルエンザの予防接種と同様に接種した部位の痛みや発熱、疲労感など軽いものがほとんどであり、1日から2日で消えていきます。

なお、息苦しさなどアナフィラキシーという反応が、100万人中1人から10人程度起こることがありますが、治療薬があり、医療機関での実施はもちろん、体育館などの会場でもすぐ医師が処置できるようにいたします。

このように、南魚沼市でのコロナワクチン接種は、安全で安心です。

次に接種スケジュールにつきましては、まず感染するリスクの高い市内の医療従事者に3月の中旬から下旬に行い、医師などの参画を得て、市民の皆さまには、重症化しやすい65歳以上の高齢者から開始いたします。3月の中旬以降に接種券を送付し、4月上旬以降に予防接種を開始したいと考えております。6月以降に順次、65歳未満の方々にもご案内する予定です。

なお、ワクチン接種にかかる費用は、無料です。

接種の会場につきましては、まず集団接種を主とするため、市民の皆さまのご近所にある地域の小学校の体育館などを予定していますが、個別接種でも受けられるように、市内の医療機関と調整中です。

予約の受付は、市役所内にコールセンターの設置を検討しておりますが、独居の高齢者など電話での予約に不安のある方には、地域住民の方々の協力を得ながら、直接ワクチン接種の意向確認を行うなど、丁寧に対応してまいりたいと考えております。

今後は、市報やウェブサイトで、新型コロナワクチン接種に関する情報を随時更新して、最新の情報をお知らせしてまいります。

 

市民の皆さまには大変な不安もまだお有りかと思いますが、今ほどの外山副市長からの話をお聞きいただき、少しでも安心し、より多くの人から予防接種をしていただきたいと思います。

集団の免疫力を上げること、そして速やかに行うことこそ今回のコロナ収束に向かう第1歩と確信しています。

今後このウェブサイト上で、最新の情報提供や進捗状況、不安な声に対する回答などにつきましても発表していこうと思っております。

一丸となり総力を挙げて、この問題に対応してまいりたいと考えておりますので、皆さまから特段のご理解をいただき、一日も早く普段どおりの生活を取り戻すためご協力をお願いいたします。

新型コロナワクチン接種準備室

多くの市民を対象に短期間で、新型コロナワクチンの接種を実施する必要があることから、庁内に「新型コロナワクチン接種準備室」を設置しました。

新型コロナウイルス感染症のまん延防止のため、迅速にワクチン接種を進め、市民の生命と健康を守り、社会経済活動との両立を図ります。

スケジュール

ワクチン接種には、住民票所在地の市区町村から送付される接種券が必要です。

接種券の発送時期

65歳以上の高齢者:3月中旬以降(予定)

65歳未満の人:4月以降、順次(予定)

接種開始時期

65歳以上の高齢者:4月以降(予定)

65歳未満の人:高齢者の接種開始後、順次(予定)

医療従事者などの優先接種は、3月を予定しています。

接種費用

接種費用は無料です。

接種会場

集団接種会場での接種

市内の医療機関などにご協力いただき、集団接種会場の開設準備を進めています。

市内の医療機関での接種

調整を進めています。

注意:やむを得ない事情がある人は、市外でも接種できます。

「ワクチン接種」に便乗した不審電話などにご注意ください!

ワクチン接種について、次の点にご注意ください。

ワクチン接種には、一切費用はかかりません。

市町村がワクチン接種のお金を要求することはありません。

不審な電話などがあった場合は、南魚沼警察署(電話:025-770-0110)にご相談ください。

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください

【消費者庁】便乗悪質商法の注意喚起

関連ページ

新型コロナワクチンについて(新潟県)

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

新型コロナワクチンについて(首相官邸)

問合せ
福祉保健部 新型コロナワクチン接種準備室

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-775-7114
ファックス:025-773-6839

お問合せ