第50回記念南魚沼美術展覧会

会場全体の様子

掲載日:平成29年6月23日更新

(イラスト)南魚展ロゴ

南魚沼美術展覧会(南魚展)は、広く地域のみなさんに作品発表と鑑賞の場を提供し地域の美術の振興と文化の向上を図るために、昭和43年から始まった歴史ある公募展です。今回で50回目を迎えるこの展覧会では50回記念賞の設定や記念誌を発行します。

展覧会について

会期

平成29年9月14日(木曜日)から9月18日(月曜日、祝日)

午前9時から午後5時まで(最終日の18日は午後4時まで)

会場

ディスポート南魚沼(南魚沼市坂戸372)

入場料

無料

公開審査

9月13日(水曜日)の午後2時から会場にて公開審査を行う予定です。

審査員

  • 絵画…中野雅友 先生
  • 彫刻…池尻昭子 先生
  • 書道…角田久勝 先生
  • 写真…中原一磨 先生

表彰式

9月16日(土曜日)の午前10時から、会場で入賞者の表彰式を行う予定です。

作品鑑賞会

9月17(日曜日)の午後2時から、書道部門審査員による作品鑑賞会を行う予定です。

鑑賞会の様子

作品の出品について

出品料

各部ともに1点2000円、2点2500円、3点3000円です。ただし、中高校生は3点まで500円、無鑑査の人は1000円です。

出品料は搬入受付と同時に納入してください。出品料は返却しません。

作品の出品

各部とも1人あたり出品できる作品は3点までです。2点以上で1組の作品とすることはできません。無鑑査の人は各部とも出品できる作品は1人1点までです。

出品できる作品は未発表の作品に限ります。これに違反した場合は入選や入賞を取り消します。

作品の規定

第1部絵画

日本画、洋画、版画は額装20号(長辺72.5センチメートル、短辺50センチメートル)以上。ただし、版画は画面サイズ長辺45センチメートル、短辺30センチメートル以上(額縁付き)。油絵のみガラス、アクリル板は使用は禁止します。

第2部彫刻

制限なし。ただし、重さは200キログラム以内とする。展示台は各自で用意ください。

第3部書道

枠張り額装(長辺135センチメートル、短辺180センチメートル以内で縦横自由。ただし、縦枠のみ長辺240センチメートル、短辺95センチメートル以内でもよい)定められた書道釈文用紙を添付すること。ガラス、アクリル板の使用は禁止します。

第4部写真

額装またはパネル表装とする。単写真、組写真ともに額装、表装サイズは短辺40センチメートル以上から長辺120センチメートル以内であればサイズは自由とします。ただし、額装は壁面展示できること。ガラスの使用は禁止しますが、アクリル板の使用はできます。

搬入・受付

9月13日(水曜日)の午前9時から午後12時30分までに会場へ出品作品を目録とともに出品料を添えて搬入してください。

搬出

9月18日(月曜日、祝日)の午後4時から午後5時までに本人または代理人が会場受付を経て搬出してください。

関係書類

南魚沼美術展覧会出品規定(WORD:61.5KB)

出品目録(WORD:52KB)

書道釈文用紙(EXCEL:22KB)

出品初心者のための相談会

南魚沼美術展覧会への出品にあたって、各部門の作品の規定や出品方法など不明な点について答えます。

日時

平成29年7月30日(日曜日)午後1時30分から

会場

中央公民館研修室(南魚沼市民会館内)

南魚沼市六日町865

参加料

無料

問合せ
教育委員会 社会教育課 文化振興係

〒949-6680 新潟県南魚沼市六日町865番地
電話:025-773-3756
ファックス:025-772-8161

メールでのお問合せはこちら