市内の主な農産物

掲載日:平成27年7月24日更新

魚沼コシヒカリ

(写真)魚野の郷で実るコシヒカリ

南魚沼市はコシヒカリ栽培の発祥の地であり、魚沼コシヒカリ産地の中心に位置しています。この地域の土壌と気候、豊富な雪解け水、そして農家の人たちの汗で日本一のお米をじっくり育て上げました。

JA魚沼みなみウェブサイト

JAしおざわウェブサイト

八色西瓜

(写真)スイカ、暑い夏、この味・食感はたまりません

魚沼の土と水で育ったみずみずしいスイカです。皮の近くまで甘いという糖度の高さ、シャリっとした食感のよさで高い評価を得ています。JA魚沼みなみで自動選果機を導入し、光センサーによる糖度検査、音波センサーによる空洞検査を行っています。

八色しいたけ

(写真)椎茸、八色しいたけのレシピもあります

魚沼の澄んだ空気の中で育った肉厚で歯切れのよい椎茸です。上面栽培という特殊技術によって栽培されています。焼物、バター炒めなどに最適です。肉と一緒にしゃぶしゃぶでもおいしくいただけます。

加工用ぶどう

(写真)ぶどう、収穫を待つワイン用ぶどう(これはその中の一品種「メルロー」)

レインカット式垣根で育った高品質のワイン用ぶどうです。収穫された果実は第3セクター株式会社アグリコアの雪氷室や特製の木樽などで醸され上質のワインに仕上がります。

アグリコア越後ワイナリーウェブサイト

ユリ切花

(写真)八色花卉組合の農家で生産されたユリの花

純白に輝くカサブランカや綺麗な色物のオリエンタル系のユリ、可憐に上を向いて咲くスカシユリなどを丹精込めて育てています。玄関、部屋などの飾りとして贈答品にも好評です。

大崎菜

(写真)大崎菜の収穫風景

南魚沼市の大崎を中心に清涼な湧水や井戸水で栽培される小松菜の仲間の菜です。裸押し合い祭り(3月3日)のころの春先が旬で、風味と歯ざわりが良く、みずみずしい菜です。

魚沼巾着

南魚沼市城内地区特産のこの巾着なすは、実がしっかりしまっていて歯ごたえがあります。同じ畑には5、6年は植えられないという栽培の難しさから生産量が少なく、貴重な作物です。

かぐら南蛮

ピーマンの形をした辛唐辛子です。ぴりっとした辛さが定評ですが、完熟した果皮には甘味もあります。かぐらなんばん味噌、塩辛などの加工品が好評です。

そば

(写真)白く咲きそろったそばの花

主に転作田を利用して栽培しています。地場産そばの販売所、お食事処があります。また、そば打ちの体験をできる施設もあります。
そば打ち体験の情報は下記リンク先へ。

上田の郷ウェブサイト

その他にも

えのき茸、糸瓜(なますうり)、メロン、いちじく、アスパラガス、カリフラワー、サラダほうれん草、里芋、さつま芋、鉢物(花)など、いろいろな農産物があります。

JA魚沼みなみウェブサイト

JAしおざわウェブサイト

問合せ
産業振興部 農林課 農業振興係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6663
ファックス:025-773-6710

メールでのお問合せはこちら