稲わら・籾がらの焼却はやめましょう

掲載日:令和元年9月1日

稲わらや籾がらは、秋すき込みや堆肥にして施用することで土づくりを行ったり、収集して家畜の飼料として供給するなど、有効に活用されています。
しかし、一部では未だに焼却が行われています。貴重な有機質資源である稲わらや籾がらの焼却は止め、環境にも人にもやさしい「新潟米」づくりを実践しましょう。

新潟県「稲わら等を活用しよう」

問合せ
産業振興部 農林課 農業振興係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6663
ファックス:025-773-6710

お問合せ