5月は「自転車安全月間」です

掲載日:平成30年5月1日

実施期間:平成30年5月1日(火曜日)から5月31日(木曜日)までの1か月間

昨年、新潟県内では自転車に乗っている人が関係する交通事故が、532件発生し10人が亡くなっています。

自転車も自動車と同じ「車両」です。1人ひとりが車両を運転していることを認識し、交通ルールやマナーを守って、自転車の交通事故を防ぎましょう。

「自転車安全利用五則」を守りましょう

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    ・飲酒運転・2人乗り・並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

自転車の危険運転のイラスト

自転車が歩道通行できる場合

  1. 自転車歩道通行可の標識などがあるとき
  2. 13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者などが自転車の運転者のとき
  3. 安全確保のため、歩道通行がやむを得ないとき

万が一に備えた保険加入のすすめ

自転車の交通事故で加害者になった場合、多額の損害賠償が発生する可能性があります。

万が一に備えて、自転車保険など損害賠償責任保険に加入しましょう。

13歳未満のお子さんがいる保護者へのお願い

お子さんが自転車に乗る場合のヘルメット着用にご協力ください。

道路交通法で、13歳未満の子どもに自転車用ヘルメットを着用させることが、保護者の努力義務とされています。

問合せ
市民生活部 環境交通課 環境交通係

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6666
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら