国際ご当地グルメグランプリ、大勢の人でにぎわいました

掲載日:平成24年10月10日更新

国際ご当地グルメグランプリ、2日間で57,000人が来場!

10月6日・7日、「2012国際ご当地グルメグランプリin南魚沼牧之通り」が開催され、6日が24,000人、7日が33,000人と大勢のお客さまが来場しました。県内外のご当地グルメ43品が出店、南魚沼市からは「南魚沼きりざい卵丼」と「魚沼きのこ汁」が参加しました。来場したお客さまは、長蛇の列にもかかわらず、1人で3品・4品と食欲の秋を楽しんでいたようです。

お客さまの投票でグランプリを決めるというこのイベントですが、投票の結果、柏崎市の「鯛茶漬け」が2年連続のグランプリ、南魚沼市の「南魚沼きりざい卵丼」は準グランプリでした。

大勢のお客さまで通りが埋めつくされました

南魚沼きりざい卵丼のブース

ステージイベント

メインステージではご当地PRタイムや新潟発アイドルユニットnegiccoライブなどが行われました。写真左は南魚沼市特産品協会と魚沼キノコ汁のPRタイム、写真右はnegiccoライブの様子です。

魚沼きのこ汁のPRタイム

negiccoのライブ

ゆきぐに酒語り、ふれあい縁日の写真

塩沢商工会前の駐車場では、「ゆきぐに酒語りin牧之通り」が雪国観光圏推進協議会の主催で行われました。このイベントでは、雪国観光圏内から9つの蔵元が参加し、それぞれが自慢の日本酒の試飲を実施・PRしました。(写真左)

中央公園では、地元商工会の青年部が「ふれあい縁日」を行い、わなげ・ザリガニ釣り・ワタ飴・フワフワなどで子ども連れのお客さまを楽しませてくれました。(写真右)

ゆきぐに酒語り会場

ふれあい縁日の会場

軽トラ市も2日間開催

毎月第1日曜日に開催されている「つむぎ通り軽トラ市」も、国際ご当地グルメグランプリ開催に合わせ、2日間の日程で行われました。地域の人気イベントとなった軽トラ市も、今回はいつも以上のにぎわいでした。今年の軽トラ市は、11月4日(日曜日)が最終回です。

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

大勢のお客さまでにぎわった軽トラ市

書道パフォーマンスも行われました

つむぎ通り町づくり実行委員会のウェブサイト

塩沢駅新駅舎オープニングセレモニー

10月6日(土曜日)、塩沢駅の新駅舎竣工記念オープニングセレモニーには、関係者40人のほか約200人の地域の方が集まり、テープカット・塩沢祇園ばやし保存会の演奏・紅白大福の配布が行われました。牧之通りをイメージさせる駅舎の前では、記念撮影をする人がたくさんいました。

ゆきぐに酒語り会場

ふれあい縁日の会場

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ