上越新幹線開業30周年感謝祭を開催!

掲載日:平成24年11月27日更新

一日駅長は市のキャラクター「こめつぐ君」

鏡割り

1日駅長

市長

昭和57年11月15日に新潟~大宮間が開通して30年。その記念と日頃の感謝を込めた30周年感謝祭が南魚沼市と魚沼市の各団体で構成された「上越新幹線開業30周年記念イベント実行委員会」主催で11月23日(金曜日)に開催されました。

会場は、浦佐駅改札口前特設会場。午前10時からのオープニングセレモニーでは、実行委員長の東大和観光協会長より「あっという間の30年であった」と開業時からの発展を振り返る挨拶があり、井口市長からは、「今後も地域の活性化への役割と魚沼基幹病院を中心としたメディカルタウン構想における役割も期待をしたい」との挨拶がありました。斉木浦佐駅長からは、「首都圏と新潟を結ぶ大動脈。これからも安全に運行をしていきたい」と感謝を込めた挨拶がありました。

セレモニーに続いて、浦佐多門青年団による押合大祭のPRや八海太鼓の皆さんによる演奏など地域の皆さんによる様ざまな催し、鉄道クイズ大会や大抽選会、写真で振り返る昔の記憶展など新幹線の開業30周年を祝した感謝祭が多くの来場者と一緒に楽しく行われました。

太鼓

抽選会

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ