新潟県石油商業組合南魚支部と「災害時における石油燃料の供給に関する協定」を締結

掲載日:平成25年11月1日更新

施設や設備、車両などへ優先供給

石油供給協定

11月1日(金曜日)、南魚沼市と新潟県石油商業組合南魚支部は、「災害時における石油燃料の供給に関する協定」を締結しました。この協定は災害が発生し、石油燃料の調達が困難となった場合に、市が指定する施設や設備、車両などへ優先供給を目的としています。

 石油商業組合の山田 昭治南魚支部長は、「県と県石油業協同組合の協定締結を踏まえ、今回の協定締結となった。災害時は、市からの要請に応じて組合全体で対応します」と述べられました。

市長は、「災害時は、石油燃料が確保されないと避難や復旧に非常に困る。今回の協定によって安定供給に協力いただけることで、迅速な災害対応をとることができる。感謝いたします」と話しました。

協定内容に関する問合せは、総務課(電話番号:025-773-6660)

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ