若宮八幡宮、太々御神楽の奉納が行われました

掲載日:平成25年9月17日更新

南魚沼市指定文化財(無形・民俗芸能)

日矛の舞

鹿嶋の舞

太刀結の舞

9月14日・15日に一村尾の若宮八幡宮で十五夜大祭が行われました。市の指定文化財である「太々御神楽」の奉納は多くの見物客でにぎわいました。

この御神楽の発祥は江戸時代といわれていますが、32の神楽面を使って総数26座の神楽を奉納する現在の形になったのは明治26年で今年で121年目となりました。

近年は、地元の子どもたちを対象に、若宮八幡宮神楽伝承こども教室を開催し、後継者を育てるとともに、魚沼市守門神社の「大大神楽舞楽」の皆さんとの交流などを行っています。

写真は1枚目「日矛の舞」、2枚目「鹿嶋の舞」、3枚目「太刀結の舞」です。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ