初代 井口一郎

掲載日:平成28年11月28日更新

初代市長 井口一郎

井口 一郎(いぐち いちろう)

プロフィール

おもな経歴

  • 平成15年4月~16年10月 六日町長
  • 平成16年11月 南魚沼市長就任
  • 平成20年11月 平成20年11月16日選挙において再選、11月28日2期目就任
  • 平成24年11月 平成24年11月18日選挙において再選、11月28日3期目就任
  • 平成28年11月27日退任

政治信条

決断と実行

座右の銘

奉仕は人生の家賃なり

好きな言葉

  • 挙頭望山月 低頭思故郷(李白の詩「静夜思」の一部)
  • 末ついに海となるべき山水も しばし木の葉の下くぐるなり

大切にしていること

他人への思いやり

市職員への言葉

  • 常に明るく やさしく さわやかに
  • 爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺

爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺

二本松藩5代藩主 丹羽高寛公が藩士の戒めとするため命じて刻ませた「戒石銘」

【読み方】爾(なんじ)の俸、爾の禄は民の膏、民の脂なり 下民は虐げ易きも上天は欺き難し

【意味】お前の俸給は、人民があぶらして働いたたまものより得ているのである。お前は人民に感謝し、いたわらねばならない。この気持ちを忘れて弱い人民たちを虐げたりすると、きっと天罰があろうぞ。