「むーけーげー(無罣礙)」 平成30年7月1日

掲載日:平成30年6月29日更新

夏祭りがやってくる

大河ドラマ『天地人』で仙桃院(せんとういん)を演じた高島礼子さんが、今月放送の番組ロケで、市役所に来庁されました。なんといっても長尾政景公の正室にして、景勝公のご母堂様。美しさはもちろん、聡明さを感じさせるお話しぶりや品のあるオーラ。大女優とはかくもあるか、と唸りました。「ご縁あってごはんは毎日南魚沼産コシヒカリです」のお話に一同感激。同時に、あの放映と大フィーバーから9年もたつのかとの思いも。

来年は直江兼続公の没後400年。年忌である今年、山形県米沢市ではシンポジウムや宝物展などが盛大に催されています。メインとなる5月の上杉まつりに歴史親善友好都市の市長として招かれました。謙信公出陣の儀と伝わる「武禘式(ぶていしき)」の再現など戦国絵巻がショーアップされ、多くの来場者を魅了していました。ここで活躍されている「米沢藩古式砲術保存会」のみなさんが、兼続公まつりでも毎年大迫力の砲術を魚野川河川敷でご披露くださっています。今年の演武は、日中を避け涼しく人出も多くなる花火大会前の夕方にご披露いただきます。来年は、大河のフィーバーから10年目、400年の好機。折よく国指定史跡の坂戸城跡の石垣修理工事が完了予定。お披露目や記念事業を考えたい。米沢市にある宝物の貸し出し協力を中川米沢市長に打診しました。上越市の春日山と坂戸を結ぶ歴史を偲(しの)ぶ上杉軍道。このラインをほくほく線が走る。地域をあげて観光アピールもできるのでは。顕彰と継承をめざして新たな始まりに位置付けたいと思っています。

各地区で夏祭りがはじまります。威勢のよい声や美しい花火などが南魚沼の夏を彩るでしょう。祭りの思い出は私にも。小遣いをもらい指折り待った幼き日。着てゆく服に迷った思春期のころ。学生暮らしの他町の祭りに味わった望郷の念。大人の仲間入りをしたような気分を味わった若衆のころ。子どもを肩車して露店を巡った父親になりたてのころ。いろんな思い出が人それぞれに。すばらしい夏となりますように。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ