定例記者会見 平成29年9月29日

 掲載日:平成29年9月29日更新

記者会見日程

日時:平成29年9月29日(金曜日)11時00分~
場所:南魚沼市役所 本庁舎 応接室
関連資料:

平成29年9月29日 定例記者会見配布資料(PDF:11.1MB)

内容

認知症所在不明者捜索訓練の実施について

日本全体がこれから認知症社会に向かおうとしています。南魚沼市では、介護保険認定の原因となる病名の第1位が認知症です。「徘徊」により目的の場所が分からなくなり、動き回り自宅に帰れず、命を失う事故につながることがあります。市では、年間約20人の認知症の人が行方不明になっており、数時間後に地域の人が発見するという事例が多くあります。そのため、認知症になっても住み続けられる地域のネットワークづくりの一環として、平成19年から認知症所在不明者捜索訓練に取り組んでいます。

今年度は、塩沢地域の中・目来田行政区の協力をいただき、地域の人と、認知症の予防、認知症への理解や家族の接し方、および市の取り組みに関することなど、さまざまな情報交換を行ってきました。そこで、実際に地域で認知症の人がいなくなった場合を想定し捜索訓練を実施します。

日時

10月29日(日曜日) 午前9時00分~正午(小雨決行、大雨中止)

主会場

中公民館〔南魚沼市中971-1〕

参加関係者

南魚沼警察署、介護サービス事業所、中・目来田行政区長と役員、民生委員、地域住民など

第4回「南魚沼市田舎ライフ塾」現地交流会の開催について

8月に開講した東京圏在住者向けの移住・定住促進事業「南魚沼市田舎ライフ塾」について、第4回目の最終プログラムである現地交流会を開催します。
参加者が実際に南魚沼市を訪れ、今までの内容を踏まえて地域関係者との意見交換や交流を行います。希望する人には、翌日に市内での観光や体験をしていただく予定です。

南魚沼市への移住や、首都圏との二拠点居住を考えている人、南魚沼市の地域資源を活用したソーシャルビジネスを模索している人などが訪れます。

田舎ライフ塾現地交流会

日時

10月7日(土曜日) 午後1時30分~8日(日曜日) 午後4時00分

内容・場所
1日目

生活インフラ、地域資源活用事業視察(大和地内)

地域関係者との意見交換会(大和公民館2階 大会議室)

2日目

市内観光、見学、体験

「移住者受入トップランナー支援事業」の開催について

新潟県との協力により、「移住者受入トップランナー支援事業」を市で開催します。この事業は、移住者受入体制の促進を図るため、地域の人たちの移住者受入れに関する意識向上を目的としたセミナーであり、2部構成で実施します。

今回の第1部では、多くの企業で人材不足が課題となっている現実や首都圏で暮らす地方志向の若者が増えているという背景を踏まえ、より多くの移住者・人材獲得を図る方法を考える場として開催します。「企業と地域が連携する人材獲得とU・I ターン促進 新しい求人のあり方を考える 」と題し、南魚沼の魅力(豊かな自然、美味しい食、人の温かさなど)ある暮らしぶりと求人情報をセットにして発信を行う「新しい求人のカタチ」を専門家と一緒に考えていきます。

日時

10月26日(木曜日) 午後1時30分~3時00分

場所

ふれ愛支援センター1階 研修室

内容

講演:「地域と連携した新しい求人のカタチ」

講師:藤原翔太 新潟県U・Iターンコンシェルジュ(株式会社パソナ)

申込先

一般社団法人南魚沼市まちづくり推進機構(MMDO(ムムドゥ))

電話:025-778-0511

その他

本セミナーの第2部では、企業と地域、移住促進に関わる関係者がパネルディスカッションと参加者との意見交換、支援などの紹介を予定しています。(来年1月上旬開催予定)

クラウドファンディングを活用した市内企業の商品開発・販路開拓支援事業について(支援事業の決定・2次募集の実施)

この事業は、南魚沼の価値を高める商品開発や販路開拓事業について、クラウドファンディングの活用により取組む市内の企業などを支援するものです。

支援事業の決定について

7月3日~7月31日で募集を行ったところ3件の応募があり、審査の結果、1件の事業に対して支援を行うことといたしました。

支援事業

事業名:南魚沼市産ぶどうを使用したワイン醸造事業

事業者:株式会社アグリコア

2次募集の実施について

今年度2件程度の支援実施を予定していることから、1次募集の審査結果を受け、2次募集を行うこととし、9月19日(火曜日)より募集を開始しています。

申込締切:10月16日(月曜日)

申込先:南魚沼市まちづくり推進機構

「第13回 八色の森市民まつり」開催について

今年も八色の森公園を会場に「八色の森市民まつり」を開催します。南魚沼市の魅力を市内外に発信するとともに、市民が家族連れで参加できるイベントを予定しています。

今回は、公園横のアグリパーク八色を会場にJA魚沼みなみ主催の「ふれあい感謝祭」が同時開催されます。

日時

10月8日(日曜日) 午前10時00分~午後3時30分

場所

八色の森公園〔南魚沼市浦佐〕

内容

ステージイベント

魚沼ダンスフェスティバル、お楽しみ抽選会

子ども広場

こめつぐ君ふわふわドーム、土木フェア、おもしろ科学実験、親子ミニ四駆体験、消防車・救急車展示、献血・骨髄バンク

テント村

地元のお店や団体による飲食ブース、フリーマーケット

「塩沢宿 新米の陣」の開催について

10月1日(日曜日)に塩沢牧之通りにおいて新米の季節の到来を告げる「塩沢宿 新米の陣」が開催されます。会場では、ぬか釜で炊いた南魚沼産の新米コシヒカリ、南高梅発祥地である和歌山県みなべ町の梅干しが無料で振る舞われます。また、塩沢地域飲食店16店による新米に合う特別メニューの出店やJAしおざわの特製きのこ汁、塩沢商工高校の生徒による特製肉味噌の販売などがあります。

塩沢地域では、つむぎ通り軽トラ市と第4回南魚沼グルメライドが併せて開催されます。

日時

10月1日(日曜日) 午前11時00分~ ごはんが無くなり次第終了

場所

塩沢牧之通り さかいや様から大塚薬局様の間

にいがた狼煙(のろし)プロジェクトin南魚沼の開催について

今年で11回目を迎える「にいがた狼煙(のろし)プロジェクトin 南魚沼」が10月22日(日曜日)に開催されます。

この狼煙(のろし)プロジェクトは、県内の山城跡などから災害復興やそれぞれの地域のまちおこしへの思いを込めて狼煙を上げるもので、今回は、大和地域から塩沢地域まで市内18と湯沢地域1の計1団体が参加し、午前10時に一斉に狼煙(のろし)を上げます。

日時

10月22日(日曜日) 午前10時00分スタート

狼煙(のろし)上げ場所:19か所

塩沢地域(7か所)

ドックフィールドMAIKO(マイコ)、お食事処 薬師、株式会社高木屋、柄沢区 坊坂(ぼうざか)、木六城 狼煙場(のろしば)、田んぼの中のお菓子屋さん、清水 西谷後(にしやご)

六日町地域(8か所)

坂戸山、上大月、城道下(三国川(さぐりがわ)橋)、野際城跡、長森ヶ原(石動神社)、五日町スキー場、六万騎(ろくまんき)城跡、六日町八海山ロープウェー山頂駅

大和地域(3か所)

雷土(いかづち)城址、浦佐城跡、大崎城跡

湯沢地域(1か所)

飯士山(岩原中腹部)

食によるまちおこし事業「南魚沼、本気(まじ)丼」キャンペーン 累計提供数10万食・売上額1億円達成について

3年目を迎える、食によるまちおこし事業「南魚沼、本気(まじ)丼」キャンペーンは、7月14日から市内49店舗で開催しております。8月末までの提供数が2万食、売上額が2,600万円となり、3年間の累計提数10万食、累計売上額1億円を達成することができました。

これまでのあたたかいご支援に改めて感謝申し上げます。

本キャンペーンは11月30日まで開催しており、いよいよ新米の季節を迎え参加店舗でも新米の提供が始まります。

新米の提供情報などにつきましてはウェブサイトにてお知らせします。

南うおぬまコシヒカリ街道 ウェブサイト

「雪国ヘルシーツアー」実施について

南魚沼市立ゆきぐに大和病院健友館と南魚沼市観光協会との共同企画で、「雪国ヘルシーツアー 南魚沼を満喫!癒しと健幸(けんこう)プラン」を実施します。

この企画は、人間ドックと冬の南魚沼市の自然・食・観光を組み合わせた心身の健康体験を満喫するツアーとなっており、全国的に見てもとても珍しくユニークな内容です。ツアープランは、「地酒めぐりと郷土料理」、「文化と歴史」の2パターンを用意しており、冬の南魚沼市の魅力を存分に味わえる内容となっています。

企画の実施にあたり、友好都市であるさいたま市、深谷市、坂戸市、いすみ市の担当課を訪問し企画の説明を行い、チラシの設置や各市の市報・ウェブサイトへの掲載などについて協力をいただいております。また、東京大和会、首都圏六日町会、東京塩沢会の会員へもチラシを送付する予定です。

なお、この企画はふるさと納税の返戻品に登録されており、目玉の一つとなればと考えております。

和歌山県みなべ町との共催イベント「有楽町 ごはんと梅干しマルシェ」開催について

平成28年10月18日に締結した「紀州みなべの南高梅」と「南魚沼産コシヒカリ」による日本の食文化推進連携協定に基づき、両市町の特産品の普及促進を目的に、下記のとおりイベントを開催します。

期日

10月7日(土曜日)・8日(日曜日)

時間

午前11時30分~午後5時30分(各日とも)

会場

東京交通会館1階 ピロティ〔東京都千代田区有楽町2-10-1〕

共催

和歌山県みなべ町

内容

梅おにぎり販売・試食

地元特産品販売

  • 29年産コシヒカリ(南魚沼市認定農業者会)
  • 甘酒など米に関連した特産品(南魚沼市特産品協会)
  • 梅干しと梅加工品(みなべ町梅農家)
  • コシヒカリと梅干しのコラボセット商品

アンケート(参加者への粗品配布)

スタンプラリー(本イベントと各アンテナショップなど)

県道桐沢麓五日町停車場線大倉橋の開通式について

一般県道桐沢麓五日町停車場線の大倉橋が完成し、地元の大倉区、桐沢区、荒山区の主催で下記のとおり開通式が行われます。開通式ではテープカットの後、地域のみなさんから渡り初めをしていただき、八海太鼓のアトラクションなども予定しています。

日時

10月29日(日曜日) 午前11時00分~

会場

南魚沼市大倉地内 大倉橋右岸側

橋の概要

橋長:39.6メートル

全幅員:11.0メートル

事業期間

平成25年度~平成29年度

総事業費

約5億円

教育委員会ポロシャツ寄付金贈呈式について

教育委員会ポロシャツの売上の一部を、ポロシャツの印刷文字をデザインした細川佳代子さんの立ち合いのもとで、南魚沼市立総合支援学校後援会に寄付する件名の贈呈式を行います。寄付金9,600円(ポロシャツ192枚分)が、市長から井口一郎南魚沼市立総合支援学校後援会長に手渡されます。

なお、贈呈式は、社会福祉法人南魚沼福祉会30周年記念講演会場においての実施を予定しています。

社会福祉法人南魚沼福祉会30周年記念講演

日時

10月17日(火曜日) 午前11時~

場所

越後六日町温泉湯元 越路荘 2階 「高砂の間」

講師

細川佳代子さん(スペシャル・オリンピックス日本名誉会長)

演題

「包み込む社会を目指して」

当市では、「南魚沼市後期教育基本計画 笑顔あふれる教育プラン2」に基づき、幼児教育や義務教育に加え、社会教育や生涯教育を含めた広範囲な教育の充実を目指しています。このイメージを関係者間で共有するため、総合支援学校後援会への寄付金付「南魚沼市教育委員会ポロシャツ」を販売しました。販売価格は2,100円、そのうち50円が寄付金部分となります。受注販売で、今後も注文を受け付けます。

中学生と市長の「まちづくり懇談会」の開催について

南魚沼市は、新潟県の市町村支援事業「未来への扉を開くキャリア教育推進事業」の指定を受け、10月24日(火曜日)に県自治会館において成果発表を行うことになりました。

10月24日(火曜日)の「夢創造、ナビゲーションサミット」では発表市町村の首長(当市、小千谷市、湯沢町、関川村)が出席し、中学生とともに将来のまちづくりについて意見交換を行う時間が設定されています。意見交換会において、中学生が10月3日(火曜日)の懇談会をもとに活発な協議を行えるように、標記の会を下記の通り実施します。

日時

10月3日(火曜日) 午後4時00分~5時00分

会場

本庁舎 応接室

内容

  1. 南魚沼市の中学生の代表が、職場体験、上級学校訪問などを通して考えた、南魚沼市の将来に関する提言を市長に伝えます。また市長への質問や要望も行います。
  2. 市長から、まちづくりについての考えやメッセージが中学生へ伝えられます。

参加者

市長、副市長、市内6中学校、総合支援学校(高等部)の生徒会役員、引率職員、中越教育事務所水嶌指導主事、学校教育課管理指導主事

南魚沼市縦断駅伝大会への日本体育大学駅伝部招待参加について

第13回を迎える本大会は、大原運動公園をスタートし、大和公民館をゴールとした、全8区間32.5キロメートルの駅伝大会です。今回は「男子の部」に87チーム、「女子の部」に5チーム、「男女混成の部」に9チームの合計101チーム(第12回大会109チーム)が参加します。

今大会には、平成27年12月に「体育・スポーツ振興に関する協定」を締結した日本体育大学の駅伝チームから4人の男子選手が招待参加します。(1選手2区間を走るデモンストレーション参加、閉会式の表彰プレゼンターも行います)

日本体育大学は第89回東京箱根間往復大学駅伝競走大会(箱根駅伝)に総合優勝し、前年度大会(第93回大会)でも総合7位の好成績を獲得した大学駅伝界でも屈指の強豪校です。大学駅伝の強豪チームの走りを参加選手はもちろん市民の人にもご覧いただける絶好の機会となります。

日時

10月22日(日曜日) 午前9時00分スタート

南魚沼市交流大使の委嘱について

自然、食、文化、観光資源、住環境などの南魚沼市の魅力を伝え、観光客を含む交流人口の拡大を目的とした南魚沼市交流大使に、市内在住の音楽家 橘光一さんを委嘱します。

橘光一さんは、電子オルガンによるオペラやミュージカルの伴奏を中心に活動しているほか、さまざまなアーティストのバックバンドとしても活躍しています。また、市内では、コンサートを開催するほか、市立総合支援学校において卒業式での演奏や、中学部での楽器演奏指導をボランティアで行うなど、精力的に活動しています。

全国的な音楽活動を通じて、積極的に南魚沼市のさまざまな魅力を伝えていただき、交流人口の拡大を図りたいと考えています。

問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。