定例記者会見 平成30年1月25日

 掲載日:平成30年1月25日更新

記者会見日程

日時:平成30年1月25日(金曜日) 13時30分~
場所:南魚沼市役所 本庁舎 応接室
関連資料:

平成30年1月25日 定例記者会見配布資料(PDF:6.2MB)

内容

文化財防火訓練の実施について

南魚沼市、南魚沼市消防本部・南魚沼市消防団合同で、南魚沼市東泉田の永昌庵を会場に文化財防火訓練を行います。

この訓練は、貴重な文化遺産を火災、震災、その他の災害から守るため消防機関、文化財関係者と地域住民との連携、協力を強化し、市民の文化財愛護の思想と防災意識の高揚を図ることを目的としています。

日時

1月28日(日曜日) 午前9時~10時

会場

永昌庵とその周辺〔南魚沼市東泉田地内〕

主な訓練項目

  • 対策本部設置訓練(市・方面隊本部・分団本部を含む現地本部)
  • 初期消火訓練(永昌庵住職と東泉田行政区民による模擬消火器訓練
  • 通報訓練(永昌庵住職からの119番通報)
  • 搬出訓練(東泉田行政区民による非常持ち出し品の搬出)
  • 消火訓練(消防団、消防署による一斉放水)

移住者受入トップランナー支援事業の開催について

新潟県との協力による「移住者受入トップランナー支援事業」の第2回目を開催します。多くの企業で人材不足が課題となっているなか、「地方志向」の若者が増えている現状を踏まえ、より多くの移住者・人材を獲得する方法を考える場として開催します。
第1部の講演では、都会の人たちの仕事観や都会で暮らす人の受け入れ方について学びます。第2部では、今後、南魚沼市の企業が人材を確保するためにすぐにでも取り組むべきことや、改善点、中長期的に必要な取組みについて、パネルディスカッションを行います。
職業体験を提供する取組み、県外からの人材獲得や求人票の書き方など、興味深い話が聞ける機会です。

日時

1月26日(金曜日) 午後1時30分~4時

場所

南魚沼市図書館 多目的室

内容

  • 講演 「若者の仕事観と地方企業の人材確保」
  • パネルディスカッション 「これからの求人を考える」

参加費

無料

申込み先

一般社団法人南魚沼市まちづくり推進機構(MMDO(ムムドゥ))

電話:025-778-0511

「MMDO(ムムドゥ)未来のしごとシリーズVol.3」「女性活躍社会セミナー」の開催について

地域再生推進法人「一般社団法人南魚沼市まちづくり推進機構(MMDO(ムムドゥ))」では、市と進めるまちづくり事業の一環として、南魚沼市での女性の社会参画と男女共同参画社会を推進し、若者がこの地域に住み続け、移住を進めるためにセミナーを企画しました。国と各地域と企業の状況について、ご講演をいただき、新潟県・南魚沼市のパネリストを交えディスカッションを行います。女性、事業主や地域のリーダーに参加していただきたいセミナーです。

タイトル

「女性がいきいきと活躍する社会のために今できること。南魚沼から始めよう」

日時

2月9日(金曜日) 午後3時15分~5時30分

会場

南魚沼市ふれ愛支援センター 多目的ホール

内容

基調講演

「女性がいきいきと活躍する社会のために。 女性活躍推進法、各地地域の男女共同参画社会実現への状況と南魚沼への提言」

講師:堀井奈津子さん(厚生労働省雇用機会均等課長)

講演

「女性が活躍できる仕事 企業事例」

講師:永嶋悦子さん(株式会社オリエンタルランド執行役員 社会活動推進部・CS推進部担当)

パネルディスカッション

堀江奈津子さん、永嶋悦子さん、コーディネーター 江口歩(あゆむ)さん(ナマラエンターテーメント、新潟県健幸(けんこう)大使)、河合雅樹(MMDO(ムムドゥ)代表理事)

定員

70人

参加無料(要申込み)

申込み先

一般社団法人南魚沼市まちづくり推進機構(MMDO(ムムドゥ))

電話:025-778-0511

第4回「南魚沼市田舎ライフ塾」現地交流会の開催について

12月に開講した、東京圏在住者向けの移住・定住促進事業「南魚沼市田舎ライフ塾(第2クール)」について、第4回目の最終プログラムである現地交流会を1泊2日の日程で開催します。
実際に南魚沼市を訪れ、冬の魅力などを実感していただくことが狙いです。アンケート結果やセミナーでの意見を踏まえた見学先などを盛り込み計画しました。地域関係者との意見交換や交流の場も設け、翌日には地域行事への参加や、市内観光や体験をしていただく予定です。
南魚沼市に移住や首都圏との二拠点居住を考えている人、南魚沼市の地域資源を活用したソーシャルビジネスを模索している人などが訪れます。
なお、今回は移住定住促進への支援として、東北電力株式会社の特別協賛をいただいています。

田舎ライフ塾現地交流会

日時(南魚沼市内での滞在)

2月3日(土曜日) 正午~4日(日曜日) 午後3時

内容・場所
  • 1日目:施設見学、住宅見学、地域関係者を含めた交流会
  • 2日目:地域行事参加、市内観光、見学、体験

異業種交流会の開催について

ICLOVE(アイクラブ)(南魚沼市地域産業支援連絡協議会)の主催により、市内企業間の連携・交流を深め、新たな事業展開に資するため異業種交流会を開催します。
いすず自動車株式会社で大型エンジンの開発のかたわら、バリュー・エンジニアリングの開発技法の導入と指導に努められていた黒田和之さんから「さまざまな業種で使えるバリュー・エンジニアリング」について講演いただきます。
また、市内のさまざまな業種の方たちが交流を深めるため情報交換会を開催します。

バリュー・エンジニアリングとは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。

開催日

2月21日(水曜日)

開催時間

  • 講演:午後4時~5時30分
  • 情報交換会(懇親会):午後5時30分~7時30分

会場

六日町温泉 ホテル坂戸城

講師

黒田和之さん(元いすず自動車株式会社シニアエキスパートCVS)

参加費

無料(情報交換会は、5,000円の参加費が必要)

第34回しおざわ雪譜まつりの開催について

「北越雪譜」の著者「鈴木牧之」を顕彰し雪国文化を伝承する雪譜まつりを開催します。

開催日

2月17日(土曜日)

水行
  • 時間:午前11時~
  • 会場:清水「火生(かしょう)の滝」(国道291号線を行き止まりまで行き、左に徒歩3分)
着物紹介
  • 時間:午後1時30分~
  • 会場:塩沢勤労者体育センター
  • 内容:着物ショー
地歌舞伎公演
  • 時間:午後2時~
  • 会場:塩沢勤労者体育センター
  • 内容:人情時代劇「瞼(まぶた)の母」より・津軽三味線、歌舞伎「ます釣り」(自作狂言)
ふれあい広場(主会場)周辺

餅つき、甘酒サービス、地酒・飲食コーナー、露店多数

イベントスケジュール
  • 午後0時30分 弾き語り北越雪譜 会場:塩沢信用組合本店
  • 午後2時 織物展示会、小物抽選会 会場:鈴木牧之記念館(午前9時~午後8時、入場無料)
  • 午後3時 子ども福餅まき
  • 午後5時30分 百八燈大護摩
  • 午後6時 餅つき
  • 午後6時35分 雪のステージイベント(午後8時35分~ TSUNEI(ツネイ)、午後6時50分~ ワンフリーナイン、午後7時5分~ 葉月みなみ、午後7時20分~ ダンスパフォーマンス)
  • 午後8時 子ども福餅まき
  • 午後8時15分 一般福餅まき

天候などにより内容を変更する場合があります。

書道展

期日:2月17日(土曜日)~3月4日(日曜日)

会場:塩沢公民館

主催

しおざわ雪譜まつり実行委員会(塩沢商工会、南魚沼市、塩沢区、しおざわ農業協同組合、南魚沼市観光協会、塩沢織物工業協同組合)

問合せ

塩沢商工会 電話:025-782-1206

同時開催

ひな雪見かざり

期日:2月17日(土曜日)~4月3日(火曜日)

三国街道塩沢宿(牧之通り周辺)の約60軒で公開

俳句会

日時:2月18日(日曜日) 午前9時~

会場:喰処はなや

ガンホー・モンスターパイプ グランドオープンセレモニーについて

昨年度に暫定オープンした「南魚沼市モンスターパイプ」の整備が完了し、今年度、「ガンホー・モンスターパイプ」としてグランドオープンします。
「ガンホー・モンスターパイプ」は、長さ170メートル、幅22メートル、高さ6.7メートルの国内最大級のハーフパイプとなります。
オープンに合わせ、セレモニーを開催します。当日は、ジュニア選手によるデモンストレーションも行われる予定です。

日時

2月3日(土曜日) 午前10時~10時30分

会場

石打丸山スキー場 チロルゲレンデ内 「ガンホー・モンスターパイプ」

内容

市長あいさつ、来賓祝辞、テープカット、施設紹介とデモンストレーション

その他

セレモニー後は一般開放を行います。

小野塚彩那選手応援イベント 平昌(ピョンチャン)2018オリンピック冬季競技大会パブリックビューイングの実施について

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフリースタイルスキー女子ハーフパイプ競技に出場する小野塚彩那選手を応援するため、小野塚選手の母校である塩沢中学校で、決勝当日にパブリックビューイングを実施します。
前回のソチオリンピック以上の成績を祈念し、全市民の声を届けたいと思います。

日時

2月20日(火曜日) 午前10時~午後1時

会場

塩沢中学校 体育館

ゲスト

TSUNEI(ツネイ)(南魚沼市出身シンガーソングライター)

「越後上布体験講座」の開催について

越後上布は苧麻(ちょま)を原料とした麻織物で、高級夏着物としてよく知られています。その製作技法は古くからの技術を今に伝え、また雪国 魚沼地域の気候や風土と密接に関係していることから、国指定重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産となっており、国内外で認められています。
「越後上布体験講座」は、重要無形文化財の指定技術を、一日を通して見学・体験します。本講座は、「苧績(おう)み」と呼ばれる糸づくりの工程や模様づけの「絣(かすり)くびり」、「いざり機」などの各種技術や「雪ざらし」などの体験が主なプログラムとなっています。このなかで、雪ざらしは織りあがった布を仕上げる工程の一つで、太陽光を受けて雪が解け蒸発する時に起こる化学反応を利用して、シミや汚れを漂白し、模様をより鮮やかにするものです。反物が雪上に広がる風景は地域の春の風物詩として親しまれてきました。
長きにわたって受け継がれてきた越後上布の「技」を製作に携わる技術者より直接指導を受け体験できる貴重な講座です。ぜひご参加ください。

越後上布体験講座 概要

日時

3月4日(日曜日) 午前10時~午後3時

場所

塩沢織物会館(雪ざらし体験は塩沢中学校グラウンド)

定員

50人

体験内容
  • 越後上布についての学習会
  • 苧績(おう)み・絣(かすり)くびり・織などの各種技術の実演・体験
  • 雪ざらし体験

浦佐毘沙門堂の裸押合について

1月19日(金曜日)に、国の文化審議会が開催され、「浦佐毘沙門堂の裸押合」を重要無形民俗文化財として指定するよう、文部科学大臣に答申されました。指定は今後の官報告示をもって正式決定となります。この結果、本市に所在する国指定の文化財は「小千谷縮・越後上布」、「奉納越後上布幟」、「坂戸城跡」につづき4件目となります。

文化財の概要(重要無形民俗文化財)

  • 名称:浦佐毘沙門堂の裸押合
  • 所在地:南魚沼市
  • 保護団体:浦佐毘沙門堂裸押合大祭委員会
 前夜祭 3月2日(金曜日)

午後7時~8時30分

御前立(おまえたち)本尊御開帳護摩法要、大ローソク献火式、浦佐多門青年団水行、福餅撒与

大祭 3月3日(土曜日)

午前9時45分~午後10時45分

稚児行列、大名行列から御堂入り、水行参拝、豊年踊り、福餅撒与、弓張撒与、ささらすり ほか

記録販売

浦佐毘沙門堂の裸押合に関してこれまで調査報告書や映像記録DVDを作成し、販売しています。

  • 映像記録DVD:「普及編23分」「記録編100分」の2枚組 1,000円(税込み)
  • 調査報告書:1冊 3,000円(税込み)
問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。