定例記者会見 令和元年11月20日

 掲載日:令和元年11月20日更新

記者会見日程

日時:令和元年11月20日(水曜日)11時00分~
場所:南魚沼市役所 本庁舎 応接室
関連資料:

令和元年11月20日定例記者会見配布資料(PDF:5.7MB)

内容

企画展「メイド イン 南魚沼 企業を知る2 織物編」を開催します

高校生をはじめ、市民から市内企業の高い技術力や優れた製品を知ってもらうことを目的に、今年から開催している企画展の第2弾です。今回は、江戸時代にはすでにこの地域の主力産業となっていた塩沢織物について、伝統と技を受け継いでいる企業や作業工程を紹介します。織物の原料や生地に触れることができるコーナーや、塩沢商工高等学校の生徒が越後上布などで作製した鯉のぼりも展示します。

展示期間

11月22日(金曜日) から12月18日(水曜日) まで(図書館休館日は休み)

会場

南魚沼市図書館

展示予定企業

9社(塩沢織物工業協同組合員)

消費者問題講演会の開催について

南魚沼市、魚沼市、湯沢町では、魚沼地域定住自立圏事業として、「落語で学ぶ、詐欺や悪質商法の手口」と題し、講演会を開催します。この講演会は、当圏域内でも日増しに巧妙・悪質化し、増加傾向にある訪問販売や通信販売などのトラブル未然防止を目的として開催するものです。

日時

11月30日(土曜日)14時~15時30分

 場所

南魚沼市コミュニティホールさわらび

料金

無料

講演内容

「落語で学ぶ、詐欺や悪質商法の手口」
落語家 三流亭 楽々さん

非食用米を活用したバイオマスプラスチック製の南魚沼市指定ごみ袋の販売開始について

市では、マイクロプラスチック問題への取組み、温室効果ガスの削減、市民の環境意識の向上に向けて、米由来(非食用米)のバイオマスプラスチックを使用した南魚沼市指定ごみ袋の販売を開始します。

販売開始時期

令和元年11月以降
(指定袋取扱店の在庫状況により販売開始時期は異なります)

販売開始する指定ごみ袋の概要

  1. 南魚沼市( 大和地域除く)・湯沢町の指定ごみ袋の全ての種類
    家庭用指定ごみ袋8種類、事業用指定ごみ袋5種類
  2. 使用したバイオマスプラスチック
    原料の一部に米由来( 非食用米) のバイオマス成分を10パーセント含んだバイオマスプラスチックである「ライスフィルム10」を使用
  3. デザインなど
    新たな指定ごみ袋には「バイオマスマーク」が表記されています。米を原料の一部に使用していますので、手触りなどが従来品と違いますが、指定ごみ袋自体の強度に問題はありません。
  4. 販売価格に変更はありません

南魚沼産コシヒカリ・プロモーション企画「農/KNOW THE FUTURE」について

企画の概要

  1. 農業全体、南魚沼市全体への効果の波及
    南魚沼産コシヒカリの販売促進を始め、農業のすばらしさ、従事する人びとのかっこよさをPRすることにより、「職業選択肢としての農業の推進」「農業を契機とした南魚沼市への移住定住促進」「観光業を始めとした市内各種産業の活性化」など、農業全体、南魚沼市全体に効果が波及するような各種活動を行います。
  2. オール南魚沼による制作チーム結成
    JA みなみ魚沼青年部を中心とした管内在住の若手農業者が自ら企画、演出、出演。制作も南魚沼市を活動拠点とする若手クリエイター陣が担当。オール南魚沼によるプロモーション企画です。
  3. 新感覚・新発想によるプロモーションの実施
    次世代ならではの新しい感覚や発想により、従来の南魚沼産コシヒカリの主な購買層とは異なるターゲット(都市圏に在住する若者世代など)に向けた販売促進活動を行います。

 実施内容

  1. YouTube上でのショートムービーの公開
  2. インパクトを重視したポスターの掲示とチラシの配布
  3. 動画サイトQRコード付き業務用販促シールの配布
問合せ
総務部 秘書広報課 秘書広報班(広報担当)

〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180番地1
電話:025-773-6658
ファックス:025-772-3055

お問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。