コンテンツの本文へ移動する
南魚沼市
ふりがなをつける 読み上げる
文字サイズ
閉じる
小さく 標準 大きく
背景色
ホーム子育て・教育スポーツ各種大会・お知らせ第4回全国シクロサミットが南魚沼市で開催されました

第4回全国シクロサミットが南魚沼市で開催されました

0001 0002 0003

 

0004 0005 0006

「自転車を活用したまちづくりを推進する全国市区町村長の会」が主催する第4回全国シクロサミットが9月17日(土曜日)、18日(日曜日)と2日間にわたり南魚沼市で開催されました。

同会は、自転車活用により環境・観光・健康・経済などのさまざまな面からまちづくりを進める自治体が加盟しており、南魚沼市は北信越ブロック長として自転車の活用を推進しています。

自転車を活用したまちづくりを推進する全国市区町村長の会ウェブサイト

 

1日目は、コミュニティホールさわらびを会場にシンポジウムが開催されました。

基調講演では、株式会社美ら地球 代表取締役の山田拓 氏が「地域資源を活用したサイクルツーリズムについて」、関連講演では、国土交通省参事官 自転車活用推進本部 事務局次長の金籠史彦 氏が「国内外における自転車と地域資源を活用したまちづくりについて」、一般社団法人 雪国観光圏 代表理事の井口智裕 氏が「雪国におけるサイクルツーリズムについて」とそれぞれ題し自転車活用について講演していただきました。

その後は、日本風景街道コミュニティ サイクルツーリズム研究部会 顧問の宮内忍 氏をコーディネーターに、岩手県北上市、長野県飯山市、新潟県佐渡市、新潟県南魚沼市の4市で「地域資源を活用した自転車事業の取組について」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

 

2日目は、六日町大橋河川敷から城内・五十沢地区を周回する「雪国魚沼Golden Cycle Route(ゴールデンサイクルルート)」の地域ルートをサイクリングしました。

魚沼コシヒカリ発祥の地、魚沼の里、雷電様の水など南魚沼市の地域資源や雪国文化を感じられるコースをサイクリングし、午後からは第2回JBCF南魚沼クリテリウムのJPTレースのパレード、セレモニーに参加するなど、間近でプロのレースを体験しました。

【JBCF公認 ガチンコサイクルTV 様から引用しています】

 

カテゴリー