コンテンツの本文へ移動する
南魚沼市
ふりがなをつける 読み上げる
文字サイズ
閉じる
小さく 標準 大きく
背景色
ホームこんなとき子育て・教育ファミリーサポートセンター
ホーム南魚沼市子育てページ子どもを預ける一時的な保育ファミリーサポートセンター
ホーム南魚沼市子育てページ子育て相談・応援子育て応援ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートセンター

掲載日:令和4年10月1日更新

ファミリーサポートセンターってなに?

「子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)」と「子育ての手助けをしたい人(提供会員)」をアドバイザーが取り次いで、保育サービスの提供を行う会員制の保育事業です。

令和4年10月1日より、生活保護世帯、市区町村民税非課税世帯、ひとり親家庭世帯の仕事と育児の両立の一助となるよう、該当する保護者の経済的支援として、利用料の半額適用を実施します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による生活援助のため、令和4年10月1日~令和5年3月末までは、生活保護世帯、市区町村民税非課税世帯、ひとり親家庭世帯を対象に利用料を全額免除します。

 

ファミリーサポートセンターの活動の流れ

(イラスト:わたなべふみ)

ファミリーサポートセンターの活動の流れ

  1. 育児の援助が必要な場合、依頼会員はファミリーサポートセンターへ援助の申込みをします
  2. ファミリーサポートセンターが提供会員へ援助内容を紹介します
  3. 提供会員が援助内容について承諾します
  4. ファミリーサポートセンターから依頼会員に提供会員の紹介をします
  5. 提供会員が援助活動を行います
  6. 依頼会員が提供会員に利用料を支払います
  7. 提供会員がファミリーサポートセンターへ活動内容の報告を行います
  8. ファミリーサポートセンターから提供会員へ助成金を支払います

どんなときに利用できるの?

  • 保育園や学校までの送迎
  • 保育園の開始前・終了後の預かり
  • 学校の放課後、学童保育終了後の預かり
  • 保護者の病気や急用、冠婚葬祭など
  • 美容院や通院、習い事などに保護者が出かけるとき

お子さんを預かる場所は、原則として提供会員の自宅です。
病中・病後のお子さんはお預かりできません。

会員になるには

  • 依頼会員…生後5か月~12歳の子どものいる人
  • 提供会員…自宅で子どもを預かったり、送迎ができる人
  • 両方会員…依頼会員、提供会員の両方を兼ねることもできます。
  • 提供会員、両方会員に登録した人には、後日センターが開催する講習会を受けていただきます。

会員登録は、子育て支援センターで受け付けています。
受付時間は月曜日から金曜日までの8時30分から17時15分までです。
注意:土曜日、日曜日、祝日、祭日、年末年始は受付できません。

申込書は下記からダウンロードできます。
注意:電話での会員登録はできません。

ファミリーサポートセンター入会申込書(PDF版) (PDF 163KB)

ファミリーサポートセンター入会申込書(Word版) (DOCX 19.8KB)

 

利用料金

会員登録は無料です。

利用料金
曜日 時間帯 依頼会員の利用料金 提供会員の受取額
月曜日~金曜日(祝日除く) 7時~19時 30分 300円 30分 350円
土曜日・日曜日、祝日 7時~19時 30分 400円 30分 450円
全日 19時~22時 30分 400円 30分 450円

利用料金と受取額の差額は市が助成します。

  • 援助時間(活動時間)は30分単位で計算します。30分に満たない活動時間は30分として計算します。
  • 送迎の場合は、提供会員が自宅を出発する時間が援助の始まり、自宅へ戻った時間が援助の終了です。
  • 1人の提供会員に、同時に兄弟姉妹を預ける場合、依頼会員が支払う利用料は2人目から半額です。
  • 取り消し料は次のとおりです。依頼会員が提供会員にお支払いください。
    前日までの取り消し…無料
    当日取り消し…予約していた時間分の利用料の半額
    無断取り消し…予約していた時間分の利用料の全額
  • 食事代は300円、おやつ代は100円を目安に両者で決めてください。おやつ代・ミルク代などは依頼会員の実費負担です。また、依頼者が特定のものを希望する場合は、依頼会員がご用意ください。
  • 交通費は、依頼会員の実費負担です。

援助活動中の保障は?

活動中の事故に備えてファミリーサポートセンター補償保険に加入していますので、事故が発生した場合は、速やかに子育て支援センターにご連絡ください。

カテゴリー